先生に対して文句を言うことが

"現代の教育において、現場の大きな悩みとなっているのが、先生に対して文句をつける親の存在です。先生に対して文句をつける親がなぜ問題となるのでしょうか。 当然ながら、日本の教育、こと公立教育において、先生と児童がマンツーマンで授業を受けることはそうそうありません。分校でもない限り、1クラス30~40人程度の児童が学習しているというのが、全国平均です。これは、個性も生い立ちも能力も違う人間が40人もひとところに集まっているということと同じです。先生、特に担任教師は、この児童たちの導き手として勤務するわけですが、40人もの人間を過不足なく理解し、適切に導くことなど実際にはできません。ところが、親にとっては唯一無二のわが子ですから、自分の子どもが正当に評価されていないと感じれば、先生に文句をつけてくるのです。 親にとっては唯一無二であっても、社会から見ればたくさんいる子どもの内の1人です。子どもが属する最小単位のクラスであってさえ、40分の1の子どもに過ぎないのです。子どもを愛することと、子どもの学校や社会での立ち位置とを分けることのできない親が増えていることが、この問題を引き起こしているのです。"

国が示してた指針が

先生に対して文句を言うことが

悪い事は悪いという時代だったと

何がきっかけで変化してしまったのだろう

Copyright© 2015 教育での問題点があると言われる時代 All Rights Reserved.