国が示してた指針が

教育に関する問題の根本は社会に対して必要な人材育成が行われていないという点にあり、それが教育基本法を初めとする変わらない法制度にあると一部から訴えられています。 国がこれまで示した指針には日本の義務教育及び高等教育は戦後の農工業社会発展の為という前提があり、農業の効率化、旺盛な輸出産業向けに国民を育てることが重要でしたが、その後頭打ちとなった経済発展とその構造変化に対して個性を伸ばすといういわばゆとり教育が掲げられてきました。 教育関係の制度改革が後手に回りやすいのは教育の効果が表れるには時間が掛かるということもありますが、一方国の産業育成の失敗や予測の甘さも大きく、結果的に時代に応じた教育を制度と現場の許す限りの質的な変容に留めざるを得ず、景気低迷のあおりを受ける形にもなっています。 3次産業における専門性は義務教育の範疇を越えており、多くの学部学科、専門学校を乱立させながらも適した就職先の不足が起こり、また少子化によるほぼ全員入学の現状が教育の質の低下を招いたとも言われます。 こうした現状の問題にも対応して新たに学校統廃合の基準の見直しが示されたものの、その背景に財政難への対応が優先されているのではという見方もあり国の目指す教育の方向性の信頼と責任に課題を残したままとなっています。

国が示してた指針が

先生に対して文句を言うことが

悪い事は悪いという時代だったと

何がきっかけで変化してしまったのだろう

Copyright© 2015 教育での問題点があると言われる時代 All Rights Reserved.