教育方針が原因か

現在学力格差やいじめ、教員と父兄、生徒自身のモラル観の違いなど校内外で様々な課題があげられる学校教育において、原因の一つに家庭の教育方針と学校の教育方針の温度差が考えられています。 私立並みの教育を望む親もあれば実践する公立校もある反面、殆どの公立校ではそうは行かず、中学や高校では無事卒業させることが最優先となります。 登校拒否と不登校は実際には異なるのですが、このような学校に行かない、行けないという生徒の問題に学校側がどこまで対応するか、原因を学校に求めるか家庭に求めるか、まさにケースバイケースの問題ですが生徒を幼く扱い過ぎるという問題もあり、学校生活が将来への展望をイメージさせず必要性に疑問を持たれることにも問題があります。 人間性を育てるという教育方針は基本的には正しいことですが、家庭教育が核家族化により不十分かつ不均一となり生徒間の社会性が数十年前より低いということを無視してただ学校側が適切に教育カリキュラムを実施出来ていないというのは不公平で、いじめであればその温床が実際にどこにあるかを分析し、教育による解決以外の方法も検討されるべきです。 また初等教育における習熟度には家庭環境も大きな影響があり、教育方針=学校に全て任せるという共働き世帯の例などからすれば労働に伴う社会環境に一因を見ることも可能です。 高度な教育を実現するにはどの段階であっても受験など一定の線引きが必要で、教育方針に対する親と生徒自身の理解も不可欠となり費用も掛かります。ここに漏れる生徒家族が望む教育と実際のギャップは大きくなりがちで学校生活に支障をきたす間接的な原因になることもあります。 このような様々な問題は社会の多様性の発達の結果でもあり、文武両道、学力偏重、個性重視、将来に直結する学習など家庭から子育ての中で発生する自然な要望ですが、失敗を避けたいという思考が根底に共通しており、その摩擦と世代間の価値観の違い、社会情勢がより複雑な課題を生み出している状況と考えられます。

国が示してた指針が

教育に関する問題の根本は・・・続きは下から

国が示してた指針が

先生に対して文句を言うことが

悪い事は悪いという時代だったと

何がきっかけで変化してしまったのだろう

Copyright© 2015 教育での問題点があると言われる時代 All Rights Reserved.