何がきっかけで変化してしまったのだろう

教育の現場に変化が起こっているという指摘をよく耳にします。その「変化」という言葉も、良いものではなくて、問題のあるものへと変わっていっているという意味で使われる機会が多くなっています。 例えば教師が生徒を叱ることができずに、教室内が荒廃するという問題が指摘されるようになっています。また、生徒自身もやる気を失っている割合が多くなったり、学力が優れている生徒と劣っている生徒の差が、かつてに比べて著しくなっているという報告もあります。授業中に立ち歩いたりする生徒がいても、注意することもなく放置する教師と、立って歩くことを悪いとも思わない生徒という構造は、何かすごく大きな変化が起こっていることを感じずにはいられません。 何をきっかけにしてこのような事象が発生するようになったのかは、専門家の調査を待たねばなりませんが、明らかに問題点が起こっている現在の教育の現場に、何かできることがないか考えていくことが、社会に暮らす者全ての責任であると言えます。

国が示してた指針が

先生に対して文句を言うことが

悪い事は悪いという時代だったと

何がきっかけで変化してしまったのだろう

Copyright© 2015 教育での問題点があると言われる時代 All Rights Reserved.