現代社会が抱える社会問題なのか

教育の現場における危機が叫ばれるようになってから、時間が経過しているにもかかわらず、問題が解決されたという話はあまり聞かれません。むしろ、現代社会が抱える社会問題として教育での問題点を指摘する声が多くなってきてさえいるというのが現状ではないでしょうか。 テレビや新聞では、学校内での「いじめ」によって自殺する生徒が取り上げられることがよくあり、全国各地でこうした「いじめ」問題が起こっている状況は、深刻な社会問題として認識されるべき事象です。また、本来はそうした「いじめ」を抑止する役割を果たすべき教師自らが、「いじめ」に加担したり、存在を知りながら見て見ぬふりをするような事象さえおこっているのです。こうした異常とも言える事態に、現代社会の教育現場は直面しているのです。 こうした問題の背景には、現代社会が病理として抱えるさまざまな問題が複雑に絡み合った事情があるものと考えられます。静かに進行する貧困層の拡大、少子高齢化の中でしつけのために子どもを叱るということをしなくなった(あるいはできなくなった)親や兄弟の減少による社会的な学習機会の減少、核家族化の問題など、子どもたちを取り巻く環境は、かつて地域社会が全体となって子供たちの成長を見守り、そして時には厳しく叱りながら育てるという、コミュニティーとしての教育システムの機能を認めないものとなってしまっています。ここに現代社会における構造的な課題が見て取れるのです。 これらの社会問題は、個人の力では変えようがないものです。現代社会が、全体として抱える問題としてとらえるべきという見方は、あながち間違いではないのかもしれません。その中で、いかに教育を再生させ、子どもたちの将来を安全で安心なものへと導いていけるかは、子どもたちだけの問題ではもちろんありません。現代社会に生きる全ての大人の共通の問題としてとらえ、責任ある対応を考えて実行していく必要があります。

何がきっかけで変化してしまったのだろう

教育の現場に変化が起こっているという指摘をよく耳にします。その「変化」・・・続きは下から

国が示してた指針が

先生に対して文句を言うことが

悪い事は悪いという時代だったと

何がきっかけで変化してしまったのだろう

Copyright© 2015 教育での問題点があると言われる時代 All Rights Reserved.